リポソーム


リポソームとは?


リポソームは、さまざまな有効成分を閉じ込めることができる球状のリン脂質二重層の小胞です。
有効成分を閉じ込めることをリポソーム化と呼びます。
リポソームは人間の細胞膜と同じ構造で細胞に馴染みやすいリン脂質の膜をはっている為、
生体(ヒトの細胞)への親和性が高く、多種多様な有効成分に使用できます。

 

リポソーム化による利点


有効成分を体内での分解・代謝などから保護します。
色々な経路で直接、細胞内に機能性成分が運ばれるため、持続性と高い効果が期待できます。
リポソームはすぐに消化器官に運ばれ、直ちに小腸から吸収されるという特徴があります。

 

RELATED

関連記事